SIRIUSを複数のパソコンで使いたい!追加ライセンスについて解説【シリウス】

NO IMAGE

ホームページ制作ソフト『SIRIUS(シリウス)』は1台のパソコンにつき1つのライセンスが必要になります。

なので、2台のパソコンでSIRIUSを使いたい場合は、2台分のSIRIUSを購入しなければなりません。

 

ただし、2台目以降のパソコンは追加ライセンス(6,600円)を購入すれば使用することができます。

追加ライセンス申し込みの手順

SIRUSを購入したら(上位版・通常版どちらでも同じです)、SIRIUSのソフトを用いて追加ライセンス申し込みを行う事ができます。

まず、SIRIUSソフトの画面上にある「ヘルプ」を選択後、「追加ライセンス申し込み」をクリックしてください。

クリックすると、申し込みフォームのページに飛ぶので、下記の内容を入力してください。

 

  • 購入者名義
  • 申込み時のメールアドレス
  • 必要なライセンス数
  • 現在利用中のライセンス番号

 

 

現在、使用しているライセンス番号を知る方法は、SIRIUSソフトの画面上の1番上に位置する、もう1つのヘルプを選択します。次に「ライセンス情報」をクリックしてください。

ここでライセンス情報とメールアドレスを確認できます。

 

手順に沿ってライセンスの追加申し込みをすると、SIRIUSの公式側から1日営業日程度で振込先についてのメールが送信されてきます。

 

メールで案内された通りに振込を完了させると、1日営業日以内に追加ライセンスがメールにて届きます。

初めの購入の際に、上位版のSIRIUSを購入していれば、追加ライセンスも上位版が使用できるようになります。

 

SIRIUS追加ライセンスの価格

SIRIUSの追加ライセンスの価格は1ライセンス6,600円です。追加ライセンスは2つまで取得可能です。

 

2つ以上が必要であれば、業務ライセンスとみなされるため、1つあたり11,000円になります。

 

追加ライセンスは1度購入してしまえば更新料などはかからず使用することができます。

 

なお、振込の際の手数料は購入者側の負担となります。

2台以上のパソコンでデータを同期させたいなら

2台以上のパソコンでSIRIUSのデータを同期させたいときは、クラウドストレージサービスのDropboxを使うのがおすすめです。

 

->>dropboxはこちら

 

ドロップボックスは2GBまでならコストをかけずに使用できます。容量が足りなければ、15GBまで無料で容量を大きくすることもできます。

 

その他Dropbox以外でも、マイクロソフトのOneDriveなどオンラインで同期できるクラウドストレージであれば何でも問題ありません。

 

私もDropboxでSIIRUSを使用していたのですが、無料での容量がいっぱいになってしまいました。しかし、マイクロソフトのOffice365を使えば、1TBまでOneDriveは無料なので、切り替えて使っています。

 

Ofiice365は1ヶ月間無料で試せるので、試しに使ってみても良いと思います。

 

SIRIUSはタブレット末端でも使える?

SIRIUSはWindows専用のソフトなので基本的には使用できないと考えてください。

もしタブレット端末にWindowsがインストールされていれば利用可能なので、タブレット型のWindowsノートパソコンならば問題なく使えます。